読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に任せて本気で騒ごうぜ

思ったことを好きなときに好きなだけ。

担当って

あー、担当ってなんだろうなー。と、ふと思ったところにとある方の担当についてのブログを読んで少し触発されたので、今回は珍しくすこーしだけ真面目チックなお話(多分)

 

2006年、『探偵学園Q』のスペシャルドラマをきっかけに、当時Jrだった山田涼介くんを知りました。元々原作ファンだった私はキュウとリュウが好きでした。ほんの少しだけ贔屓目があるにしても、私の好きなリュウを演じていた山田くんの演技に惹かれ、そこから山田くんを自然と追うようになりました。

間もなくしてHey! Say! JUMPがデビュー。山田くん以外全くと言っていいほど知らない、興味も持っていなかった私はアイドル、ないしはジャニーズというものに対して無頓着で、歌っている姿を見ても「キラキラしてる」や「知念くんって声高いんだなー。」とか「なんか背の高い人がいるなー(薮くん)」とか、すごくどうでもいいことばかり思っていました。

“アイドルをしている人間”というものに耐性がなかったのだと思います。ですが、結局山田くんがいるからという理由で、ミーハーな私は買わないにしてもレンタルをしてUltra Music Powerを聴き続けることに。特に知念くんのフレーズがお気に入りとなり、寝る前は必ず知念くんの「風を切れ」を聴くのが日課となりました。

 

そんな私ですが、今は岡本圭人くんが好きです。

もちろん、山田くんはきっとずっと特別な存在です。アイドルとしての山田くんもとても魅力的で大好きなのですが、演技落ちな私は、演技をしている山田くんがきっと一番好きなんだと思います。私の中で山田くんはとても尊敬出来る人。自分にストイックで、メンバーを思いやれる素敵な人。演技をきっかけに、生き様に惚れた人。だから私の中で担当という形ではなく、ただ純粋に尊敬する人として応援していきたいなと思っています。

 

 

話が少しズレましたが、今回の話の本題に入りたいと思います。

私は今、僭越ながら岡本担として岡本圭人くんを、JUMPくんを応援しています。なぜ山田くんが好きだったのに岡本圭人くんなのか。私にも全っ然分かりません。担当として、この人を応援するんだ!と思った明確なキッカケは恐らく私の中でないのです。

いや、なんでだよ。と思う方もいらっしゃると思います。私もそう思う。

でも気づいたら、圭人くんを目で追っていて、気づいたら、圭人くんが好きでした。もちろん、好きだからという単純な理由で担当を名乗っているわけではありません。

そんなことを言っていたらきっと私は担当だらけ。口癖は有岡くん好きだし、裕翔くんがすごく魅力的だし、光さんがボケ倒すのが好きだし……他グループも大好きです。それぞれの魅力があって、その中で輝く人がいて。エイトは横山くんと安田くんが好きだしNEWSはシゲちゃん。とにかく湧きまくってます。そりゃもう担当迷子と言われるくらいには。笑

 

じゃあなぜ私は岡本担なんだろう。

いやそもそも担当ってなんだ?

担当の概念ってなに?一番応援してる人?一番好きな人?担当というものはひどく曖昧でよくわからない概念。人によって違うでしょう。

私の中でも明確なものはありません。好きだけではないとは言いましたが、明確なものはなく、私の中で好きという感情以外のものが複雑に絡み合って募った結果の、担当です。

個々人で魅力は様々だし、好きなところはいくらでもあります。そんな中で、私は圭人くんの人間性が好きです。

温厚で、でもどこかで頑固。感謝の気持ちは忘れず、自分より他人。それでもしっかりと野望は持っている。そんな圭人くんが好きだと思いました。

担当ってきっと、自分になにか力を与えてくれる人、応援したくなる人、同じ目線で頑張りたい人。曖昧だけどそんな感じなんじゃないかなって。

自分の中でその人と何かが共鳴した時、人はその人を応援したいと思う。それが担当という概念にも言えるんじゃないかなって思うんです。

 

いただきハイジャンプのスタジオで出来るだけ一大事を解決する回で、他メンバーがやっている時、圭人くんがかなり確率で後ろに映りこんでいるんです。そんな圭人くんを見て、あぁ、いい人だなって単純に思いました。そんな簡単な言葉で片付けられるほどのものでもないけど、心配そうに見つめたり、さり気なく補佐したり、そんな優しさを持つ圭人くんが純粋に好きで、やっぱり応援していきたいなって思いました。

 

自分の中で、共鳴した時、それがいろんな感情となる。きっとそこでその人が特別になって、担当になるんじゃないかなって思うんです。

 

アイドルが、不完全なアイドルになる時が好きです。アイドルってそりゃあもう色んなイメージを持たれて勝手な想像もされるわけだけど、そんな中で時折見せるその人の人間らしい部分が好きです。

この人はこんな人なんだって知った時、今までの感情が少し特別なものになる。人間らしい欲望だとかを媒体で目や耳にした時、この人と頑張りたいって思う。走り続けたいって思う。これも一つの担当だと思います。

 

結局担当というものがなんなのかは曖昧でブレブレなのですが、私の中ではこういう気持ちで担当として応援しています。

もちろん見解はそれぞれで、あくまでも私の意見なので違う人もいると思います。だけど少し私の中で整理したくなったので文書として書き起こしてみました。

 

私の中で、こんな気持ちでこの人を応援していいのかなって思う時があったので、自分で自分を慰めるために書いたようなものです。自分に甘い。笑

なんかちょっとスッキリした!!あー、圭人くん好きだー!!これからも応援します!!

 

ということで、お付き合いいただきありがとうございました〜!

ハロウィンディズニー×JUMPくん

 

夢の国妄想第2弾。ありがたいことに、このお題をいただきましたので書かせていただきます。ちなみに、私はハロウィン大好き人間です。デートもとってもいいのですが、そうするときっと私の好みが大爆発して、パレードをただただ見るだけ、風景を楽しむだけのデートになってしまいそうなので、JUMPくんたちにはダンサーさんになってもらうことにします。

私の愛してやまないハロウィンディズニーのパレード(ショー)をご紹介すると共に、JUMPくん×ハロウィンディズニーをご紹介していきます。毎度のことながら妄想となりますが、お付き合いくださいませ。

 

 薮宏太

2009年、ディズニーランドでのパレード『リ・ヴィランズ』衣装はこちら。

 f:id:yn_amok:20161031224541j:image

写真を見ていただければ分かると思うのですが、この衣装、胸元がチラリズムしています!!!(面積少なすぎるというツッコミは受け付けません分かってます) 薮様って、帝王じゃないですか。そんな薮様、私は脱ぐのももちろん出血多量で天界に召せるし、脱いで〜!って感じなんですけども、着エロが凄まじいと思うんですよ。そんな薮様がこのチラリズム衣装を着るじゃないですか。私きっとあの世でも幸せに暮らせます。

この衣装はスタイルのいい薮様にピッタリな衣装。腰に布を巻くことによって薮様の引き締まった体が映えます。とても。スタイルの良さが浮き彫りになるでしょう。その上紫のヒラヒラ衣装。帝王感が助長されると思うんです。ジャファーと薮様ってなんかいい感じにマッチしません?帝王感ありません?

さぁ皆様、声を大にして言いましょう。

あぁ〜!!薮様〜!!好き〜!!

手を挙げたり伸ばしたり、薮様の手の長さが存分に活かされると思うんです、このダンス。細身の体に大きめの衣装。この対比が絶対に素晴らしい。

さて、この「リ・ヴィランズ」はディズニーの悪役たちが主役のパレード。実はファンの間ではハロウィーンの中で一番いいとの声が多いんです!また、ダンサーさんたちがカッコイイと話題になり、ネット上にはたくさんの写真がアップされているのでそのあたりも是非、動画で注目してみてください。

 

高木雄也

2015年、ディズニーシーでのショー『ザ・ヴィランズ・ワールド』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20160918011313j:image

 雄也くんは海好きだということも相まって、海賊衣装で即決。あの妖艶な美貌なら、この衣装は必ず似合うはず。内面のかわいさを考えればもっと色々ありますが、やはりこれ。テーマはヴィランズ。ヴィランズとはディズニーの悪役達のこと、そしてこのショーはそんなヴィランズが主役です。ヴィランズ達が主役のパーティー。招待されたディズニーの仲間達もヴィランズをイメージした衣装を身に纏い、パーティーを盛り上げます。ちなみに、この衣装はキャプテン・フック(ピーター・パンのフック船長)をイメージしたものです。ダンスがまたとてつもなくかっこいい。結構ガシガシ踊ってて、アクロバティックな動きもします。そして、ウィックドウィッチ(白雪姫に出てくるお妃様もとい、魔女のこと)をイメージした衣装を纏うダンサーさんとペアダンスをします。

f:id:yn_amok:20160918015048j:image

雄也くんが海賊のイケメン衣装を身に纏って、ガシガシ踊ってアクロバティックな動きもして、加えてこのペアダンスなんかしちゃったらかっこいいことこの上なしですよね!?

こんな雄也くんが海賊なんて……海賊なんて……

金品差し出すし、もう家燃やされてもいいわ!!そして奴隷として連れ去らって!?!?

となります。(なりません)

ヴィランズは敬遠されがちですが、最近は人気が高まってきているので、とってもオススメです。このショーは昨年に引き続き、今年も開催されています。内容は多少の変化はあるものの、そこまで差異はないのでかなり楽しめるかと。興味を持っていただけたら是非、見てみてください。

 

伊野尾慧

2009年、ディズニーランドでのパレード『リ・ヴィランズ』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224801j:image

薮様と一緒のパレードです。なぜ、きゅるきゅるあざとさ爆発キノコボーイ、伊野尾慧にこの衣装なのか。 それは私が闇堕ち伊野尾くんが好きだからです(真顔) 忘れもしないそし誰。なにあれ……伊野尾くん……どうしたの……好き……ってなりました。そして数々の雑誌でモデルとして起用される伊野尾くん。どんなものでも世界観に溶け込み、自然な一つの作品となる伊野尾くんを見て、もうこれしかないと思いました。

伊野尾くん、ヴィランズになってくれ。

そんな思いがつまりました、この衣装。伊野尾くんがきたら、きっとスラッとスマートに着こなすんでしょう。足はピチッとしたタイツのようなものを履くので、伊野尾くんの綺麗な足のラインが見えます。うへへ。(危ない) そして私はマントを翻しているのがすごく好きです。この衣装を着た伊野尾くんが、マントを翻して踊ってるの見たくないですか??私が見たいがためにこの衣装なんですよ。はい。すみません。

カッコよくターンしたり、華麗にステップを踏んだり……伊野尾くんがこの衣装でこういうダンスしている所を見たい。関係各所の皆様、どうかこういう衣装を伊野尾慧に〜!!

 

八乙女光

 2016年、ディズニーランドでのパレード『ハロウィーンポップンライブ』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031192340j:image

 昨年、一昨年と収穫祭をやっておりましたが、今年は音楽祭。ハロウィーンを楽しむため、ディズニーの仲間たちは、底抜けに明るくいたずら好きなおばけやスケルトンなど、ハロウィーンのエンターテイメントスターたちと、「ハロウィーン・ミュージックフェスティバル」を開催。ハロウィーンの世界へと続くエントランスを抜けた先では、バラエティーに富んだ音楽やパフォーマンスが繰り広げられています。

そんな中、KISSを彷彿とさせるこの衣装。なぜこんなロックな衣装にしたのか。答えは単純明快。だって光くんギター似合うもん。(そこかよ) 逞しい腕が覗くこの衣装、素晴らしくないですか??あの光くんの腕が見えるんですよ??

いやー、抱かれたい。

こんなこと言ったらぶっ殺されそうですね。自重します。

スティッチのフロートに乗っているため、ダンスというダンスはありませんが、常にロックがかかっているフロート上で、この衣装をきた光くんがギターをじゃんじゃか弾き鳴らし、時にはヘドバンをし、舌を突き出す。もう超カッコイイじゃないですか。なんですか。ギターをじゃんじゃか弾き鳴らしている光くんに舌ペロとお手振りとウィンクもらえたら死にませんか??フロート上だと沢山してくれるんですよ本当に。光くん本当にこの衣装きてやらない??やろう?やって??って感じですね。

 

有岡大貴

2016年、ディズニーランドでのパレード『ハロウィーンポップンライブ』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224632j:image

陽気!すっごい陽気!!お察しの通り、カーニバル衣装です!!

有岡大貴といえば!!元気印!!

明るく元気で天真爛漫な有岡くんには是非カーニバル衣装を。ということで選びました。もう一つ付け足すとしたら、このダンサーはドナルドダックのフロートについているダンサーです。思い出してください、リトラを。有岡くんがドナルドのカチューシャを付けています。じゃあ有岡くんはドナルドのフロートについてもらおうよ〜!!というなんとも単純な理由ですごめんなさい。

ダンスはとっても陽気です。「フー!」とか「フォー!」とか言いながら踊ってます。有岡くんにピッタリじゃないですか?元気さが。ですがもちろん、陽気なだけではないですよ。陽気な中の華やかさ、しなやかさ。ターンは華麗に決めてきます。芯がブレない有岡くんのダンス。絶対綺麗に決めてくれるはず。あぁカッコイイ。

ちなみに全身像はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224818j:image

 手足をめいっぱい最大限に使う有岡くんのダンス。この衣装は腕にアクセントがありますので、そんな有岡くんにはもってこい。力強く踊る度に揺れる腕のひらひら。きっと見る人を釘付けにするでしょう。ビビットカラーというのもポイントですね。いやぁ、かっこいい。有岡くんカーニバルやらない??

 

岡本圭人

2006年、ディズニーランドでのショー『クーキースプーキー・ハロウィーンナイト』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031181744j:image

画像が荒いですが、何かは分かるでしょう。そう、ドラキュラです!!ドラキュラといえば、燕尾服にマントですね。ただでさえ英国紳士と言われている圭人くん。そのイメージから言っても燕尾服がとんでもなく似合う。以前、リトラでもやっていましたが、ディズニーでのあの執事服、めちゃくちゃイケメン。好み。かっこいい好き。(自担贔屓) そんなこんなで、お気づきの方もいるかもしれません。そうです。

ただ私が圭人くんにこの服を着てほしかっただけです!!!(大声)

唐突に性癖を露呈しましたが、だってあの圭人くんがですよ?カチッと燕尾服を着こなし、マントを翻した姿を想像してみてください?

え、むっちゃかっこいいじゃん。惚れるわ。

ってなりません??なるんです。(圧)

さて、このパレード。なにせ10年も前ですからもうやっていません。ですが、某動画サイトには恐らくあるでしょう。こちらはシンデレラ城前でのショーとなります。ハロウィン初のキャッスルショー。ディズニーキャラクター達とハロウィン・ロック・パーティを楽しんでる最中、突然の落雷が。なんとヴィランズ達が邪魔しにやって来るのです。そしてパーティを台無しにされたミッキーがゲスト(私達)と力を合わせ、巨大なスクリームを起こして戦うというショーになります。このダンスはあまりアクロバティックな動きはないですが、なんと言ってもお手振りがあります!!圭人くんからお手振りがもらえるのです!!(違う) もうとにかく私はこの衣装を着た圭人くんが見たい。どうか、どうかこの目で拝みたい。あぁ、実現しないかなぁ(大の字)

 

山田涼介

2012年、ディズニーランドでのパレード『ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224654j:image

 こちら、本当は女性の衣装なのですが!どうしても!山田様に執事服を着てほしかった!!

えぇ、そうです!私の趣味です!!

あの圧倒的美を持つ山田くんなら確実に似合うことこの上なし。タイトなパンツでもスラッと着こなし、ジャケットを翻す山田くん。

あぁ……魅惑の花園とはここのことか……

確実に美です。美の暴力です。絶対美しい。執事服万歳。

もちろんダンスも美。マントを翻しながら華麗にターン。両手を上に突き上げ、ゆっくりと下ろす。この一連の流れがなめらかで、美しく、もはやハロウィンパーティーではありません。美の披露宴です。どうしたらこんな執事が仕えてくれるんでしょうね。来世でもきっと無理ですね。どれだけの徳を積めばいいのやら。

踊りながらブーツをコツコツと鳴らし、前へと歩む姿はまさにランウェイを歩いて一切合切忘れて今日だけ楽しんでる山田さんです。はい。(よくわからない) とにかくお伝えしたいのは、この衣装を山田くんに着てほしいことです。

パレードの紹介をしますと、おばけの世界「ハロウィーンストリート」に大変身。おばけたちからハロウィーンパーティーへの招待状が届いたディズニーの仲間たちは、ハチャメチャ愉快なパーティーに参加します。ゲストと一緒にダンスを踊ったりするので、楽しめること間違いなし。気になったら是非動画などを見てみてください。

 

中島裕翔

2016年、ディズニーランドでのパレード『ハロウィーンポップンライブ』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224716j:image

 イケイケ衣装です!!何せダイナミックなイケイケ裕翔くん。王道ヒップホップ系の衣装で存分にガシガシと踊ってほしい!!そしてなかなか裕翔くん×赤は見ないように感じているので、赤を着てほしいという願望も込みでこの衣装です。これ、ダンスがとてもダイナミックなんです。サイドステップやらキックやら何やら……(適当) とにかくいつも1人だけ異常に足が上がってる裕翔くん(褒めてる)ならマッチすること間違いなし!足を振り上げ腕をぶんぶん振り回し……手足の長い裕翔くん。とってもダイナミックな裕翔くん。絶対カッコイイと思いません?そしてここまで読んでくださった方は何となくわかるかもしれないですが、私マントやジャケット大好き芸人なんですけどね?もうこの衣装は……

長いマントを翻して踊ってくれる!!!(大歓喜)

裕翔くんがマント翻して踊るなんて反則だと思いません??いやぁ、カッコイイ。このダンスは指先まで意識してしっかりと伸びてピタッと止まるのがカッコイイんですけど、裕翔くんなら花丸満点。むりだ。好きです。

しかも黒のパンツ!!!裕翔くんのスラッとした足が更に映える!!!もう見たい!見たすぎる!!イケイケな音楽に合わせてダイナミックにイケイケで踊る裕翔くんが見たすぎる!!!

というわけでこちらになりました。良ければ動画を見て裕翔くんで想像してグフグフしてください。私はしてます。(変人)

 

知念侑李

2014年、ディズニーランドでのパレード『ハッピーハロウィーンハーベスト』衣装はこちら。

f:id:yn_amok:20161031224749j:image

知念ちゃんなんだからもっとかわいい衣装を着せろよ!!!と思ったあなた。いやわかる。すごくわかる。本当は女の人の衣装を着せようかと何度も、何度も何度も悩みました……ネコ耳もカウガールもプリンセスも……あぁかわいい。しかし!!知念ちゃんは男!!そしてアクロバティックどんとこいのイケイケボーイ!!そしたらもうこれにしよ!ってことでこちらになりました。ですがこちら。男の人の衣装の中では割とかわいめ。ポップでかわいい衣装です。いやぁ、まさに知念ちゃん。短いベストがまたかわいさを助長しております。さて、肝心のダンスですが、とってもコミカルな動きが多いです。知念ちゃんはメイキングの度にかわいいお顔で変顔をぶちかましてくるウルトラキュートボーイ。そんな知念ちゃんがかわいい衣装を着てコミカルなダンスをしたら殺傷能力高すぎです。とんでもねぇ殺戮ボーイ。かわいい。手で双眼鏡を表したり収穫したり……手伝ってあげたい!!かわいい!!

もちろん前述したように、知念ちゃんといえばアクロバット。アクロバティックな動きもあります。ダンスに組み込まれてるものもありますが、人によってはとんでもなくすごいことをしてくる人がいます。(バク宙とか) きっと知念ちゃんはやってくれるでしょうね〜。

はぁ〜、好き。かわいいとかっこいいが大渋滞。

知念ちゃんがディズニーで踊ってたら保護者たちの大撮影会が開催されるでしょう。なんてカオス。私も参加します。

このパレードは収穫祭ですね。皆でお祝いしようぜ〜!いぇーい!!みたいな感じです。(雑) 3年続いたこのパレードも、今年は内容が一新されて変わってしまいました。ですが、2013年、2014年、2015年と内容に差異はないものの、コスチュームが変わりかわいさが異常なパレードです。皆で踊るのもまた魅力ですね。どうぞ動画を見てください。かわいいんです!!!

 

 

 

個人的な趣味、願望が大爆発でお送りしました。こんなに語ってきましたが、今年のディズニーハロウィン、終了しております。(自分の仕事が遅いのが露呈してる)

 ハロウィンはいつにも増してヴィランズがモチーフ、主役となることが多いのでいつもよりミステリアスな雰囲気を楽しめると思います。また、ハロウィン期間には仮装をしていいので、そこら中にプリンセスだとか、ディズニー映画のキャラクターの仮装をしている人がいます。まさにファンタジーの世界に迷い込んだ気分になるでしょう。

ハロウィンからクリスマスにかけてしか味わえない、スペシャルバージョンの食べ物や、アトラクション。他にも様々な魅力がいっぱいです。ほんっといいですよハロウィン!!

ディズニーハロウィン、まだ行ったことがないという方は是非とも来年に味わってみてください!きっと、あなたの知らない不思議で魅力的なヴィランズの世界や、少しミステリアスな雰囲気を纏ったファンタジーなディズニーが味わえることでしょう。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございましたー!

ハッピーハロウィン!ハッピーヴィランズ!

Puppy Booのような上司が欲しいお話。

 

かねてより公言しておりましたが、私Hey!Say!JUMPさんのPuppy Booという曲が好きなんです。(初耳)

理由としてはライブでのパフォーマンスもそうですが、何と言っても歌詞。歌詞が妄想に適しすぎているじゃないか。と思うんです。元々私はあまり歌詞などは注視せず、主に曲調で好みが分かれるタイプなのですが、なぜかこの曲は歌詞がスッと頭の中に入ってきました。妄想しすぎて脳が進化しているのでしょうか。つくづく自分とは危ない人間です。

話が逸れましたが、今回はPuppy Booという楽曲から自己解釈(妄想)したお話をしたいと思います。

 

シチュエーションとしてはオフィス。そして関係性は上司と部下(恋人)です。女の子の方が部下となります。そしてこの上司、部下のことが色んな意味で大好きです。これを前提にお話を進めたいと思います。まずはこの歌詞。

まだ終わらないの? That's your work 手伝わないけど
送ってやろうか? 待っててやるから 余計ドタバタ Pretty Girl

わかりますか?この溢れ出るツンデレ感。「手伝わないけど送ってやるから待っててやるよ。だから早く終わらせろよ。」一緒に帰りたいんでしょうね〜!素直に言えない辺りがもうキュンキュンしませんか?ここでのキーポイントは、上司と部下という関係性。この上司(お好みの方を想像してください)はきっと、初めて部下が出来たのでしょう。部下のことがかわいくて仕方ないんです。かわいくてかわいくて、かまいたい。だけど、こいつにはしっかりと仕事が出来るようになってほしい。だからあえて手伝わない。でも心配だから待ってるし、更に一緒に帰りたい。なにこの上司。優しい上にかわいい。そして、余計に早く終わらせなきゃって焦る部下に内心デレデレなんでしょう。ここで微笑みながら「焦んなくていいから、ゆっくりちゃんとやれ」って言ってほしいですね?

続いてこの歌詞。

がんばり屋なのは Yes, I know 口にしないけど
無茶苦茶しないで 倒れたら困る 君よりも僕がさ

急に黙り込んでさ 頬赤くしてるけど
あれ?なんにもさ、おかしなことは言ってないけどなぁ

ここでこの上司、唐突に無自覚天然人たらしな一面を発揮します。とりあえず、一番最初から順に追っていきましょう。“がんばり屋なのは知ってる”って…!そして口にしない辺りが、これまたツンデレを発揮しています。入社してからずっと部下のことを育ててきた上司。他の誰よりも頑張ってる姿を見てきたのでしょう。ここはツンデレに萌えると共に何か感慨深いというか、暖かいものを感じます。さて、ここからです。「倒れたら君よりも僕が困る」とか爆モテ発言をサラッとしておいて、「赤くなってどうしたの?おかしなこと言ってないよ?」って無自覚天然人たらしにも程がある。殺戮兵器か。ここはもう皆さん言っていいんですよ。「あなたのせいです!!!」…あぁでも、こんなことを言ってもこの上司は分からないんだろうなぁ。「えー、俺なんかしたっけなぁ」とかすっとぼけ発言するんですね?そして「分かんないけど悪かったって」ってかわいく小首傾げて謝ってくるので許します。くそう。

そしてサビの歌詞。

ダメだよ ユア・マイPuppy Boo 見えなくなるほど離れちゃ
優しい首輪みたいに 手を繋いじゃうぞ

過保護にも程があるやろ。そして大好きすぎやろ。と思わずツッコミました、この歌詞。Puppyとは子犬という意味、Booは英語のスラングでBoyfriend、Girlfriend、つまり恋人のことを指します。ユア・マイPuppy Booって言っちゃってるからもうビックリ。“あなたは私の子犬、恋人です”直訳するとこうなります。要するにかわいくて仕方ない恋人で大方、子犬ちゃんのようにかわいがっているんでしょう。溺愛しすぎじゃん…なにこの人…好き…ってなりました。(ちなみに作詞した方はPuppy Booは造語で、特に意味はなく、親しみ込めて可愛くて仕方ないって感じですかね。と仰っています。自分なりに噛み砕いて書いているので、多少の違いはお許しください。) 「俺が見える所にいないとフォロー出来ないだろ、離れるなよ」って言うし、「手を繋いじゃうぞ」とか冗談めいた(本人は本気)こと言うし、トキメキしかないじゃないですか。どうしましょうこれ。好きです。

 

ここから2番に入ります。前半よりも更に甘々になります、殺戮上司。(言い方) それでは歌詞をご覧ください。

「届かない」と言わなくて 手を伸ばしたまま
諦めずずっと戦うその顔 魅力3倍増しです

思わず笑みがこぼれて 抱きしめたかった
視線に気付いて 不満そうな顔の 魅力は計れないね

取らなきゃいけないものが沢山あるから二人で倉庫に取りに行ったんですね。上司がチラッと隣を見やると女の子、棚の一番上の物がとれなくて奮闘しています。歌詞の通り健気に頑張る女の子に更に愛おしさが増してニヤけてたんでしょうね。視線に気づいてムッとされても愛おしいんでしょう、この上司は。この後の展開としては、「取れない?」って悪戯に笑ってちょっとからかってくる上司と、ムキになって「取れます!」って宣言して取れなくて奮闘する部下です。結局上司が「危ないからもういいよ。ほら、そこちょっとどいて」って取るんです。小学生みたいにニヤニヤしてからかってくるくせにスマートに取るから、そこに急に男を感じて、ギャップに落ちるんです。つくづくズルいな、この人は。

続いてこの歌詞。場面転換します。ここはお好きな場所を想像してください。

急にうつむいたまま 近寄ってくるくせに
僕目前で後ずさるとか どこまで癒すの?

この歌詞での女の子の気持ちとしては、ちょっと疲れて甘えたくなったけど、恥ずかしくて顔は見ることが出来ない。だからうつむいたまま近づいたんでしょう。でもやっぱり恥ずかしくなって、目の前まで行ったけど後ずさる。いやー、かわいい。こんなことされたら私も癒されるわ。きっと女の子は顔が真っ赤なんでしょうね。上司はこの行動に心がかき乱されます。女の子の反撃です!!(本人はそのつもりないけど)よくやった!!上司の心情としてはこうです。『なんだこいつかわいすぎる。どうしよう、どうすればいい?なにこのかわいい生き物??』みたいなアホなこと思ってそう。ですが、結局は殺戮上司。ここでまた新しく爆モテ要素を出してきます。

そんなサビの歌詞はこちら。

ダメだよ ユア・マイPuppy Boo 近付かなきゃ何もできない
どんな意味か知りたきゃ そばにおいでよGirl

王道、Sっ気を出してきやがりましたこの上司!!どこまでモテ要素詰め込めばいいんだ!!やっぱり恥ずかしいって後ずさる彼女に「離れちゃダメだよ、どこ行くの?」って聞いてくるんです。「近づかなきゃ何も出来ないでしょ?どんな意味か知りたい?じゃあこっちにおいで」って笑顔で言ってのけるんですね。だから恥ずかしいんだって!!って感じでしょうね、部下は。恥ずかしくてどうしようって狼狽えてたら「早くおいでよ、待ちくたびれた」ってちょっとだけムスッとしながら言ってきます。上司と部下という関係の時には見せない顔。ここでまた惚れる。どこまで惚れさせれば気が済むんでしょうか。意を決してそばにいったら満足気な顔して「よしよし、よく出来ました。あれ?耳まで真っ赤。ほんとかわいいね、お前は。」って言ってくる殺戮上司。あぁ、底なし沼だこれは。

お次は残業してたら二人だけになったシチュエーション。歌詞をどうぞ。

予想外二人きり その頭撫でたらさ
ぐしゃぐしゃ髪で驚く顔が ほんと可愛いな

予想外二人きり、これはさっきまで沢山人がいたのにいつの間にか残って仕事しているのは二人だけになっていてビックリしたって感じですかね。部下の方は仕事に夢中で気づいていない。途端にイタズラ心と微笑ましさが芽生えます。自販機でコーヒーでも買って「お疲れ様」って微笑みながらちょっとだけ雑に頭を撫でたら、ぐしゃぐしゃになった頭を勢いよく上げてこちらを見て驚く部下。上司として、熱心に仕事をやる部下がかわいいと思い、恋人として、ぐしゃぐしゃ髪で驚く女の子が見れてかわいいと思う。惚れまくってるじゃないですか!めちゃくちゃ愛おしいんでしょうね。愛おしそうに見つめて微笑む顔が浮かびます。

次にいきましょう。これで最後になります。歌詞はこちら。

ダメだよ ユア・マイPuppy Boo 見えなくなるほど離れちゃ
優しい首輪みたいに 手を繋いじゃうぞ
ダメだよ ユア・マイPuppy Boo 他の誰かになつくなら
お仕置きという名の キスしちゃうからね
手加減しないから

ほんとは ただ… Kiss you

一番最初はもう既に出てきているので割愛します。問題は次です。“他の誰かになつくならお仕置きという名のキスをする”これを聴いた瞬間、私はもう驚きと戸惑いとニヤけが入り混じってとんでもなく変な顔をしてたと思います。天然人たらしで、Sっ気があって、独占欲があるって…もうなにこの人…でも冗談めいて言うんでしょうね。そして手加減しないから、という歌詞に好きという気持ちが顕著に表れている気がします。うまく伝えられないのがもどかしいです。とにかく顕著に表れている気がするんです(伝われ)。最後の歌詞で、恋人への『好き』が溢れてますね。あなたにキス(愛情表現)をしたい。けど恥ずかしいからお仕置きという言葉を代用する。結局かわいい人。色んな人で妄想してみましたが、惚れる以外の選択肢はありませんでした。惚れるわそりゃ。セリフをつけるとしたら、「他の誰かになつくなら…お仕置き」って軽く触れるだけのキスをして、驚く彼女を見てちょっと笑うんです。でも、「ごめん、本当はキスしたかっただけ」って顔を赤くしながらそっぽを向くんですね。かっこいいんだかかわいいんだかどっちかにしてくれと切に願う。

 

 

さてさて、こんな感じです。長い長いお話、ご覧くださりありがとうございました。もし、Puppy Booという曲を聴いたことがない方がいらっしゃれば、是非聴いてみてください。ライブでは赤いステッキを持って踊るJUMPくんが見れます。かわいいです。(宣伝)

こんな上司いないかなぁ(大の字) Puppy Booって言われたい。ちなみに私の自担は恋人にYou are my treasureと言います(分かる人には分かる) 前回に引き続き、妄想爆発のお話で失礼いたしました。また記事を書いたら、是非お付き合いくださいませ\(^o^)/

夢のような方々に夢の国で夢を見せられたい話。

 

タイトルがうざったいくらいにややこしい。なんだこれ。

初めまして。ゆんと申します。ついに手を出してしまったはてブロ。

きっかけは残念な私の脳内。

無類の夢の国好きな私は現実から逃れたいがために、脳内で夢の国へ旅に出ることに。更に1人で行くだけでは飽き足らず、JUMPくん達と行ったら夢のようだ…!と考えた私は意気揚々とJUMPくん達と夢の国へレッツゴー。

溢れ出る妄想を止められず、文字起こし。しかしTwitterで呟いたものの字数が足りず満足出来ない…!

ということで、じゃあ字数なんか気にせず書けるはてブロに手を出しちゃえー☆と、なんとも安易に手を出しました。

 

ということで前置きが長くなりましたが、私が愛してやまない夢の国の紹介も兼ね、存在が夢のようなJUMPくん達と夢の国へ行くという妄想大爆発のお話をします。(Twitterにあげているものの補足みたいな感じです)

 

 

薮くん。

彼とはプーさんのハニーハントに乗りたい。えぇ、分かっています。薮くんは帝王だと。薮様だと。なのになぜハニーハントにしたか?それはただただお兄ちゃんみのある薮くんが好きだからです。ニコニコと見守ってくれている、頼りになる、そんな存在の薮くん。だからこそほんわかとアトラクションを楽しみたかった!ファンタジーランドにあるプーさんのハニーハント。ふんわりした雰囲気も併せ持つ薮くんに合うと思いませんか?あの場にいる薮くん…あ、あれ?クリストファー・ロビンがめちゃくちゃ成長して3次元に来た??という錯覚に陥りますね?(そんなことありません)

そんなわけでプーさんとハチミツを探す旅に出かけます。薮くんのハニーとしてハントされたい!(何言ってんだ) という冗談は置いといて、薮くんといざハニーハントをしに行くわけですが、まずハニーポットに乗り込む薮くんがかわいい!どうしよう!この時点でドキドキが止まりません。そして乗り進めるとやってくるティガーのあそこ。ハニーポットに合わせて薮くんのあのふわふわな髪の毛が一緒に揺れる。あぁ、かわいい。(2回目) そしてやってきました、ズオウとヒイタチの後のパーティーのような所。大砲を目の前でぶっ放されるところがあるんですが、なんと火薬の香りではなくハチミツの香りがするんですね。それをもろに顔面で受け止めてほしい。(ちなみに大砲は1番と3番ポットに乗ると必ず受けられます)風圧でなびく髪。きっと美しい。そんなこんなで乗り終わるわけですが(かなり端折った)、大砲を全面に受けた彼。そうです。薮くんから漂ってくるハチミツの香りに酔いたい。かわいい。(3回目) 終わってニコニコ満足気な彼。「俺、オウルが好きだなー。」とか割とサブめなキャラを言ってほしい。なんでそこ!?でもまぁ、かわいいからいっか。てなわけで、薮くんと乗ってあのほんわか世界観に浸りたいです。

 

 

髙木くん。

さて、彼はそのセクシーさ溢れる妖艶な姿からワイルドだと言われてきましたが、いたジャンをご覧の皆様。彼はどんな人か?そう。かわいいんです。いたジャンのおかげで私の中ではすっかりリアクション担当になりました。そんなわけで。ビビり三銃士に勝るとも劣らないビビりな彼とはもちろん、タワー・オブ・テラーに乗りましょう。そうしましょう。既に夢の国ではなく冒険とイマジネーションの海にやって来ていますが関係ありません。そこは突っ込まないでください。さて、このタワー・オブ・テラーの舞台となるホテルハイタワー。1889年に起きたこのホテルのオーナー、ハリソン・ハイタワー三世の謎の失踪事件以来、恐怖のホテルと呼ばれるようになります。まずはそんな設定を細かくキャストさんが説明してくれます。雄也くんにはここですでにめちゃくちゃビビってほしい。その後ハイタワー三世の書斎に通されて、そこに飾られてる失踪事件の鍵を握る呪いの偶像、シリキ・ウトゥンドゥの像を見てまたビビってほしい。書斎には様々な仕掛けがあるので、「え、ちょ、なんで!?」って全てに驚いてほしい。そしてエレベーターに乗り込むわけだけど、シートベルトを締めた瞬間硬直する顔。そして今の自分に手を振るところ。ビビりまくって手を振らないんだけど私が振りなよって言ったら不貞腐れながらしぶしぶ振ってほしい。かわいい。それでまぁ落ちたり上がったりするわけですけど(雑)乗り終わった後は魂抜けきって放心状態だとかわいい。「まじで無理…」って呟く雄也くんに降参?って聞いて怒らせたい。「ふっざけんなよ!ぜってぇやんねぇから!!」って怒る雄也くん。でも最終的にはやってくれる優しい雄也くんが見たい。そしてもちろん、「もー、最低!」って言われたい。

 

 

伊野尾くん。

彼はビビり三銃士として一緒に来てもらおうと思います。なのでセンター・オブ・ジ・アースに乗りましょう。夢の国のシンボルがシンデレラ城であるように、冒険とイマジネーションの海はプロメテウス火山がシンボルだと思います。そしてこのアトラクションはそんなシンボルの中にあります。最初は楽しい楽しい地底探検。ネモ船長によって明かされる地底世界を楽しみます。伊野尾くんにはどういう乗り物なのか知らない状態で乗ってもらうので、目の前のキラキラした神秘的な地底世界に対して「いいねー、綺麗だねー。よっ、ネモ船長!」とかテキトーな伊野尾節が炸裂してほしい。余裕をかましてる伊野尾くんにニヤニヤしたい。そして緊急事態発生。鳴り響くアナウンスとサイレン。この時点で伊野尾くんにはめちゃくちゃビビってもらいたい。「どうしたの急に!?」って。そして巨大な雄叫びと共に突如現れる怪物ラーバモンスター。「なんか出てきたあぁー!!」と叫ぶ伊野尾くん。そしてぐんぐんとスピードを上げる地底走行車。そのまま暗い地底世界から一気に上って一思いに落ちたい。終わった瞬間は「俺聞いてない…聞いてなかったこんなの…」ってぷるぷるしてほしい。自分に負けたの??って聞いたら「負けたよ!!」って思いっきり言われたい。絶対かわいい。その後も何かとこの話を持ち出してくる伊野尾くんだったらめちゃくちゃいいですね。好きです。

 

 

山田くん。

流れ的にもう分かりますか?そうです。彼にはスプラッシュ・マウンテンに一緒に乗っていただきましょう。もちろん、絶対的エースとして活躍する彼はまさに国の宝そのもの。イケメンの代名詞と言ってもいいでしょう。ただ、カッコいいだけじゃつまらない!!そう。彼のビビり三銃士としての一面は私のドツボをついてきました。なのでスプラッシュ・マウンテンに乗ってもらいます。ここでまさかのカミングアウトですが、私も絶叫系、得意ではありません。ですが、かわいい彼らが見れるなら本望。

うさぎどんと笑いの国を目指して旅に出ましょう。このアトラクション、最後の見える所だけ落ちると思われがちですが、一番最後に落ちる前、実は3回くらい落ちます。是非とも彼には前段階として3回落ちてビビりボルテージMAXになってほしい。最初は「こ、こんくらい余裕だし!」とか強がる彼だけど、段々と無言になっていきます。最後に落ちる所、ゆっくりと上っていきますが、もうそこではビビるビビる。落ちる瞬間、是非あの単語を言ってもらいましょう。「お母さーん!!!」落ちたあとは笑いの国。ジッパ・ディー・ドゥー・ダーが流れる陽気な世界。「うるせぇ!何も楽しくねぇ!!」って言ってほしいですね。フォトショップでは写真に収められた泣いてる山田くんを見て笑いたい。「見んな!」って怒る山田くんもいいですね。

 

 

裕翔くん。

この流れだとまた絶叫系だろうなって思いますよね?残念だな。違います。(何キャラ) 裕翔くんとはロジャーラビットのカートゥーンスピンに乗ります。このアトラクションはロジャーラビットを抹殺しようとするイタチが彼の妻、ジェシカを誘拐します。ロジャーラビットがそれを救いに行くというアトラクションですね。ところで誘拐された妻ジェシカ。とんでもなくナイスバディ。伊野尾くんが食いつきそう。ていうかなんでうさぎの妻がこんないい女なんだ。…おっと本音が。冗談はこれくらいにして、本題です。

ジェシカを追いかけるのですが、舞台は裏通り。照明は暗めです。ただ、ブラックライトが使われているため、白色がめちゃくちゃ浮きでる。皆さん、想像できましたか?裕翔くんのあの白くてすべすべな肌。きっとめちゃくちゃ映える。美しい。てなわけで、これが見たいがためにこのアトラクションに乗ります。ちなみにこのアトラクション、自分たちでくるくる回せるんですけど、テンション上がった裕翔くんに振り回されたい。そして酔いたい。終わった後、「酔った?え、まじで??よっわ!!」って爆笑されたい。(ドMか) とりあえず辛辣な裕翔くんください。

 

 

知念くん。

彼とはバズ・ライトイヤーアストロブラスターに乗りたいです。反則企画で見せた知念くんのあのわっるい顔が見たい。スペースレンジャーとしてスペースクルーザーに乗り込んでザーグを倒す旅へ。あのわっるい顔してアストロブラスターで撃ちまくる知念さん。やばいカッコいい。スペースクルーザーは自分達で自由に動かせるんだけど、「君が動かして!」って言われて動かすけど、お気に召さなくて「センスない!僕のこと全然分かってないなぁ、もう。」って呆れられたい。でもなんだかんだ好きにやりなって言ってくれるの。あぁ、知念様…!ザーグの所になったらめちゃくちゃ撃ち込んで高得点連発しそう。そして終わったらどうだ!って感じで最上級のドヤ顔されたい。「僕には到底及ばないね?」って言われたい。敵わないっす、知念様…

 

 

光くん。

彼とはジャングルクルーズに乗りたい。なぜかってBESTコーナーの彼が忘れられない。ものすごくイケメンでした。何もしなくてもイケメンだけど!てことで冒険家の陽気な彼とは陽気な船長と共に3週間のジャングルの旅に出かけましょう。

そして昼か夜かと問われたら迷わず夜。楽しいのはもちろん、夜だと幻想的な演出もあるし、お昼には見られないロマンチックな動物達も見れるから。陽気な船長の問いかけには必ず全力で乗っかってくれる光くんの隣に座って、ジャングルの旅を楽しみながら少しロマンチックになりたい。神殿の中は演出がとても綺麗。「すっげー!超キレイじゃね??テンション上がるわー!」っていう光くんの隣で私もテンションブチ上げ。その後も沢山綺麗な光とかの演出があるから今の光くんの髪に合うと思う(そこ) 多分少しお水がかかるから「つめてー!」って無邪気に笑う光くんが見たい。かわいい。最後に船長になりたい人?って聞かれたら二人仲良く「はーい!」って言いたい。終わったら、「俺…船長になるわ」ってちょっと真面目な顔してかわいいこと言ってほしい。

 

 

有岡くん。

彼はね、もう色んな所に行っちゃうんだけど、あえて一つに絞るならカリブの海賊。なぜかって、私が一番好きなアトラクションだから。とりあえず乗りましょう。まずこれは世界観がたまらない。海賊の世界ってなに。某海洋冒険漫画を思い出します。好きです。船に乗り込んで最初に見えるのはブルー・バイユー・レストラン。薄暗がりの中でオレンジ色の光が灯る中、食器の音が鳴り響くあそこは海賊世界に迷い込む前の現実世界。頭上には星が煌いて時折流れ星が流れるロマンチックな世界。まずはそこで有岡くんと「あっ、流れた!」ってはしゃぎたい。その後に海賊世界に迷い込んで、恨みのこもった財宝の山を見て目をキラキラさせる有岡くん。大砲が飛び交う中で水が跳ねて濡れた!って笑う有岡くん。海賊がおばさんに追いかけられてる所はめちゃくちゃ笑ってほしいし、犬が牢屋の鍵を咥えてる所は「こいつ優秀じゃーん!」って嬉しそうに目を細めてほしい。最後のジャック・スパロウに対しては、「ほんっとにイケメンだな!」って言ってほしい。いやいやアナタも充分イケメンです。乗り終わった後にジャック・スパロウかっこよかった〜!って言ってたら若干拗ねてほしい。「俺も海賊になったらお前の心、そんな風に奪える?」とかキザなセリフを言ってほしい。惚れてまうやろ〜!!その後はちょっと拗ねながら、ん!って手を差し伸べられて手を繋いで歩きたい。かっこいい!!

 

 

圭人りん。

やってきました自担!!彼とはイッツ・ア・スモール・ワールドに乗ります。自担なのにこれ。いいんです。天使だから。彼は下界にひょっこり降りてきてしまった大天使なんです。(まだ言うか) なのであのファンタジーでふわふわな世界観は彼とマッチするはず!!様々な国を回れるから圭人りんと色んな国を旅したんだっていう感覚に陥りたい。隠れピノキオとか2人で見つけて「あっ、いた!見つけられたね!」ってふわふわ笑う圭人りんが見たい。どうしよう、かわいい。英語が流暢な彼には是非とも英語圏に入ったら是非とも英語で歌を口ずさんでほしい。圭人りんのあのロックめなかっこいい歌い方の小さな世界も聴きたい。大天使圭人りんの隣で船に揺られて優雅に各国を回る…気分はセレブ。終わったら、「けーと、すっごい楽しかった!!」って言って。そしたら私もう思い残すことはない。自担は止まらないのでこの辺にします。

 

 

さてさて。9人分終わりました。9人とも可愛すぎてつらいです。私の趣味が爆発した妄想話、最後までお付き合いくださり誠にありがとうございます。

ここまでで文字数、5477字。いやどんだけだよ!!書きすぎだろ!!と自分自身めちゃくちゃビックリしてます。レポートはあんなに悩むのに一瞬で書ける妄想ってこわい…

普通がどれくらいか分からないけど、こんだけ書けた自分に恐怖を感じます。JUMPくんてすごい。そんなこんなで初はてブロ。すごく楽しかった。

またやるかもしれません。お付き合いくださる方は是非ともまたよろしくお願いいたします。

 

昨日から続いた妄想が集結しました。

さてこれからいたジャンだ〜\(^o^)/