読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に任せて本気で騒ごうぜ

思ったことを好きなときに好きなだけ。

担当って

あー、担当ってなんだろうなー。と、ふと思ったところにとある方の担当についてのブログを読んで少し触発されたので、今回は珍しくすこーしだけ真面目チックなお話(多分)

 

2006年、『探偵学園Q』のスペシャルドラマをきっかけに、当時Jrだった山田涼介くんを知りました。元々原作ファンだった私はキュウとリュウが好きでした。ほんの少しだけ贔屓目があるにしても、私の好きなリュウを演じていた山田くんの演技に惹かれ、そこから山田くんを自然と追うようになりました。

間もなくしてHey! Say! JUMPがデビュー。山田くん以外全くと言っていいほど知らない、興味も持っていなかった私はアイドル、ないしはジャニーズというものに対して無頓着で、歌っている姿を見ても「キラキラしてる」や「知念くんって声高いんだなー。」とか「なんか背の高い人がいるなー(薮くん)」とか、すごくどうでもいいことばかり思っていました。

“アイドルをしている人間”というものに耐性がなかったのだと思います。ですが、結局山田くんがいるからという理由で、ミーハーな私は買わないにしてもレンタルをしてUltra Music Powerを聴き続けることに。特に知念くんのフレーズがお気に入りとなり、寝る前は必ず知念くんの「風を切れ」を聴くのが日課となりました。

 

そんな私ですが、今は岡本圭人くんが好きです。

もちろん、山田くんはきっとずっと特別な存在です。アイドルとしての山田くんもとても魅力的で大好きなのですが、演技落ちな私は、演技をしている山田くんがきっと一番好きなんだと思います。私の中で山田くんはとても尊敬出来る人。自分にストイックで、メンバーを思いやれる素敵な人。演技をきっかけに、生き様に惚れた人。だから私の中で担当という形ではなく、ただ純粋に尊敬する人として応援していきたいなと思っています。

 

 

話が少しズレましたが、今回の話の本題に入りたいと思います。

私は今、僭越ながら岡本担として岡本圭人くんを、JUMPくんを応援しています。なぜ山田くんが好きだったのに岡本圭人くんなのか。私にも全っ然分かりません。担当として、この人を応援するんだ!と思った明確なキッカケは恐らく私の中でないのです。

いや、なんでだよ。と思う方もいらっしゃると思います。私もそう思う。

でも気づいたら、圭人くんを目で追っていて、気づいたら、圭人くんが好きでした。もちろん、好きだからという単純な理由で担当を名乗っているわけではありません。

そんなことを言っていたらきっと私は担当だらけ。口癖は有岡くん好きだし、裕翔くんがすごく魅力的だし、光さんがボケ倒すのが好きだし……他グループも大好きです。それぞれの魅力があって、その中で輝く人がいて。エイトは横山くんと安田くんが好きだしNEWSはシゲちゃん。とにかく湧きまくってます。そりゃもう担当迷子と言われるくらいには。笑

 

じゃあなぜ私は岡本担なんだろう。

いやそもそも担当ってなんだ?

担当の概念ってなに?一番応援してる人?一番好きな人?担当というものはひどく曖昧でよくわからない概念。人によって違うでしょう。

私の中でも明確なものはありません。好きだけではないとは言いましたが、明確なものはなく、私の中で好きという感情以外のものが複雑に絡み合って募った結果の、担当です。

個々人で魅力は様々だし、好きなところはいくらでもあります。そんな中で、私は圭人くんの人間性が好きです。

温厚で、でもどこかで頑固。感謝の気持ちは忘れず、自分より他人。それでもしっかりと野望は持っている。そんな圭人くんが好きだと思いました。

担当ってきっと、自分になにか力を与えてくれる人、応援したくなる人、同じ目線で頑張りたい人。曖昧だけどそんな感じなんじゃないかなって。

自分の中でその人と何かが共鳴した時、人はその人を応援したいと思う。それが担当という概念にも言えるんじゃないかなって思うんです。

 

いただきハイジャンプのスタジオで出来るだけ一大事を解決する回で、他メンバーがやっている時、圭人くんがかなり確率で後ろに映りこんでいるんです。そんな圭人くんを見て、あぁ、いい人だなって単純に思いました。そんな簡単な言葉で片付けられるほどのものでもないけど、心配そうに見つめたり、さり気なく補佐したり、そんな優しさを持つ圭人くんが純粋に好きで、やっぱり応援していきたいなって思いました。

 

自分の中で、共鳴した時、それがいろんな感情となる。きっとそこでその人が特別になって、担当になるんじゃないかなって思うんです。

 

アイドルが、不完全なアイドルになる時が好きです。アイドルってそりゃあもう色んなイメージを持たれて勝手な想像もされるわけだけど、そんな中で時折見せるその人の人間らしい部分が好きです。

この人はこんな人なんだって知った時、今までの感情が少し特別なものになる。人間らしい欲望だとかを媒体で目や耳にした時、この人と頑張りたいって思う。走り続けたいって思う。これも一つの担当だと思います。

 

結局担当というものがなんなのかは曖昧でブレブレなのですが、私の中ではこういう気持ちで担当として応援しています。

もちろん見解はそれぞれで、あくまでも私の意見なので違う人もいると思います。だけど少し私の中で整理したくなったので文書として書き起こしてみました。

 

私の中で、こんな気持ちでこの人を応援していいのかなって思う時があったので、自分で自分を慰めるために書いたようなものです。自分に甘い。笑

なんかちょっとスッキリした!!あー、圭人くん好きだー!!これからも応援します!!

 

ということで、お付き合いいただきありがとうございました〜!